RSS

>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ

㈱野々山木材 ZEHへの取組

投稿日時:2017/07/13(木) 15:03

株式会社 野々山木材 ZEHへの取組


・昨今家庭で消費されるエネルギー量は増加傾向にあり、日本はCO₂排出量を大幅削減する目標を掲げています。
 そのため、2030年に向けてエネルギー政策が進められていきますのでZEH住宅の普及が進みます。
・ZEHとは、Net Zero Energy House (ネット・ゼロ・エネルギー)略で
 自宅で使うエネルギーを住宅の断熱性能強化や高効率設備の導入などの省エネと太陽光発電などの創エネで
 ±0まで削減した住宅です。
・Nearly ZEH(ニアリーZEH)
 年間の一時消費量を省エネ、創エネで25%以内に抑えるという考え方もあります。

当社の年度別ZEH普及率目標を以下のように定めます。

2017年度目標・・・10%  2018年度目標・・・20% 2019年度目標・・・30% 2020年度目標・・・50%

・ZEHの周知・普及に向けた具体策としまして
 自社HPやブログ等にてZEH取組状況の掲載。現場見学会等にてお客様へのZEHの周知徹底を実行する。
 また、社内でZEHの工法などの勉強会を開催し社員教育を行いより良いZEH住宅の建築を目指す。

・ZEHのコストダウンにむけた具体策
 サッシや断熱材等使用建材の再検討を行い、性能や費用の部分でベストな方法を検討する。
 省力化による、原価低減を目指す。
 創エネの部分にて、太陽光の発電効率が良く設置工事が難度にならない屋根形状とする事で施工費の削減を目差す。

・その他の取組
 ZEH基準の住宅に住む事で、ヒートショックなどの健康被害を低減させ長く健康に住める生活環境を提供する。

以上の目標具体策を掲げ㈱野々山木材では、ZEH普及に向けて取り組んで参ります。
 
昨年度(平成28年度)の実績
新築注文住宅 4戸、既存改修 20戸 合計24戸
ZEH受託数 0戸
 

コメント(0)>> 続きを読む

>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ